横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

魔都ハマスタに舞い降りた天使

投稿日:

 

 

 

 

 

7月24日(金) 横浜スタジアム
横浜 9x対6 広島

 

 

 

 

3夜連続サヨナラに
3連発で逆転サヨナラ

そして、代打に投手ウィーランド

 

魔都ハマスタが
情け容赦なく牙を剥く

カープ戦における
新たなる伝説

 

ドラフト9位の選手を
4番、キャプテンに抜擢して

この結果
この成績

 

水島御大の漫画でも
なかなか有り得ないであろう

逆転サヨナラ満塁弾という
このドラマ

 

お客さんは
たったの5千人

 

でもね、テレビで見てても
雰囲気あったんだわ

完全にヤバイ時の
ハマスタの雰囲気だったんだわ

 

 

その、最大のポイントが
山下幸輝のあの仕事

 

 

先頭の柴田が出て

投手のとこで
勿論、代打起用なれど

乙坂も神里も残ってる状態で
山下幸輝を打席に送ったベンチワーク

 

田代コーチの推薦か
ラミレス監督の判断なのか

 

それは9回のサヨナラ劇
カープを黄泉の国へと誘った

丑の刻詣りにして
魔の封印を解き放つ儀式

 

そして恐らく
一岡が、會澤が凍り付いたであろう

打席に入った
山下幸輝のあの表情

 

 

山下の成績を見れば
今期はここまで4打数1安打

昨年は一軍での
出場もゼロ

 

そんな男が

緊張するでもなく
気負う訳でもなく

涼やかにして
笑みすら浮かべ

打席に立っているという
この恐怖

 

ファーストストライクを
しっかりと振り切られたあたりで

逃げをうったのは
一岡だったか會澤だったか

 

 

嘗てはスタメンで起用されたり
サヨナラヒットを放ったり

もう一息で一軍定着
そんな時期もありながら

 

言いにくい話ながら
もし、今年ダメなら来年はないと

口に出さずとも
ファンの誰もが抱いていた危機感

 

 

 

それが…

 

久しぶりに目にした
山下幸輝は

狂気すら感じる笑みを浮かべて
海千山千のベテラン會澤を恐れ慄かせ

何かが宿ったかのような
別人の如き身体つき

 

 

確か数日前、
ネットのニュースか何かで

野球を楽しみたいという
山下の記事を見かけた記憶がある

 

ファームでどれだけ結果を出そうが
一軍に呼んで貰えない

森だの田部だの
若手育成の煽りを受け

本職のセカンドとかサードとか
守る機会すら与えられない

そんな中で行き着いた
悪魔との契約、究極の開き直り

 

その代償として手に入れた
鋼のような心と身体は

最早、ラミレス監督の脳漿すら
蝕まんとしているのである

 

 

 

 

嗚呼…

 

自分は一体
何を言っているのか

ここは何処なのか
てか、今は何時になったのか

 

その脳漿を浸食されているのは
誰でもなく自分ではないのか

 

どんだけ興奮してんだよ
どんだけ安い酒で酔ってんだよ

でもね、薄れゆく記憶を
少しだけ手繰り寄せて

ひとつだけ
断言をしたい

 

同じく、途中に代打に出て
貴重な四球をもぎ取った

中井も一度は
自由契約という地獄を味わった身

 

こんな選手達が

キッチリ仕事をこなす
組織は強い

 

そうだよ、強いんだよ

間違いなく
絶対に強いんだよ

 

 

今まで散々、
やられてきたからね

 

こんな選手達に
ここ一番で痛い目にあって

何度となく
負けを見届けてきたから

 

だから

よーく、分かるんだよなあ

 

 

 

いまひとつ調子には乗れてないけど

 

 

 

今年のウチは

ホントに強いよ

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.