横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

狼煙はどの方角から上がる

投稿日:

 

 

 

 

ムッフッフ

 

2人の入団会見の報に触れて

どうやら皆さんの
ファイティングスピリッツに

赤々と火が灯ったようで
本当に何より

 

お約束のグータッチに

遂、こないだまで渦巻いていた
センチメンタルな感情も

スッキリと気持ちの整理がついて
何処か遠くへ吹き飛んでしまったらしい

 

 

考えてみれば

ロクに引き止められることなく移籍した
梶谷、井納だけではなく

 

ロペス、石川という
長年に渡ってファンから愛されてきた

ベテランがごっそりと
チームを去り

 

それは、恰も

高木豊や屋鋪らが
大量解雇の憂き目にあった

あの、球団史に残る
歴史的惨劇を再現するかのような

 

実にショッキング…

 

 

…て感じは、もうしないよね

 

育成という名の下に
他の選手の出場機会を奪い

時には勝利を度外視して
経験を積ませて貰った

その恩も何処

 

FA権を取得するや否や
チームを去って行くことに

何ら抵抗がなくなった
昨今においては

 

球団だけでなく
観る側の我々でさえ

ドライな視点で
冷徹な評価を下すことが

 

センスとか
スキルとか

そんな言い方で表現される
ファンとしての在り方なんだろう

 

日本シリーズに出場したとは言え

もう20年以上、
優勝から遠ざかっているならば

何が何でも勝たなきゃいけない
手を緩めず補強しなきゃいけない

 

そんな声が
大きくなることは

至って健全な欲求だと
理解できる

 

しかしながら、今回
球団が梶を切った

 

いやいや(笑)

 

舵を切ったのは
大胆な若返りと三浦新体制による

新たなお色直しという
出直し作業

 

 

ラミレスが監督を務めた
5年間において

涙のCS初進出から
伝説の泥試合

そして日本シリーズという
桃源郷に至るまで

 

多くの感動と
夢を実現することが出来た

泣いて笑って
楽しい日々を過ごさせて頂いた

 

新監督を迎えることを機に
リセットするのも悪くないだろう

 

 

それは例えるなら
武道館に行きついたバンドが

解散してもう一度
ストリートからやり直すとか

 

プロレス団体が
後楽園ホー…いやいや

厚木市青果市場特設リングから
やり直すようなイメージ

 

 

永遠番長と共に泥にまみれ
地の底を這って

あの懐かしい日々を
取り戻しに行くのである

 

贅沢だろ?
ワクワクするだろ?

 

森くんが
細川が

阪口が
ルーキー達が

 

時にベースカバーが消え
時に送球を見失い

ヤジだの
叱責だの

三浦の愛人だの

 

非難を浴びつつも
一歩ずつ大人の階段を登る

若者達の成長譚を
また拝むことが出来る喜びよ

 

 

 

 

来るぞ

準備はいいか?

 

ゴールデンウィーク明けには
終戦記念日とか

ウイング席の観客が
内野席からも数えられるとか

そんな事態もあるかも知れんぞ

 

ワクワクしないか?
ゾクゾクしないか?

 

 

 

さあ!

皆の衆!

 

出番は近いぞ!

 

 

錆びついた槍を天井裏から引き摺り出し
埃の被った甲冑を見に纏い

我ら老兵が
戦場の露となる時が

 

 

咬ませ犬にも一寸の魂

 

いつでも狼煙を上げてくれ

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© 湾岸クライシス , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.