横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

出口の見えない暗く長いトンネルに佇んで

投稿日:

 

 

 

 

 

 

新型コロナウィルスの影響により
プロ野球の開幕は延期

 

今後、仮に
開幕に漕ぎ着けたとしても

応援だの
飲酒だの

自粛、自粛で
多くの制約を課されての

スタートと言うことになるんだろう

 

それが現実であったとしても
開催してくれるなら文句は言えまい

鳴り物がなくとも
売り子さんと触れ合えなくとも

 

いざ、ハマスタ
応援に駆け付けるという

そんな熱心なファンの方は
きっと沢山いるんだろう

 

 

それでも、
個人的に危惧することがある

 

先日のBリーグ
レバンガ北海道の試合において

数人の選手の発熱が発覚
試合前になって中止が決定するという

まさに非常事態

 

主催者であり連盟側が
まず、最優先するべきことは

選手達の健康と
ファンの方々の安全の確保

 

単なる風邪かも知れないし
もしかしたらコロナなのかも知れない

そんな状況であるならば
大事をとって中止するという判断は

間違ってはいないだろう
きっと正解なんだろう

 

 

ただし…

発熱を訴えたのが
1人だったらどうするのか?

 

選手でなく
裏方さんとか審判員とか

記者の人とか
球場の関係者とか

どこでどう、線引をしていくのか?

 

その試合だけ中止するのか
リーグ戦自体をストップするのか

陰性ならOKなのか
濃厚接触者は隔離するのか…

 

どこでどう折り合いを付け
この事態を制御していくのか

前例はない
結論はない

 

 

出口の見えないトンネル

漆黒の闇…

 

 

それでも…

と、自分は思うのである

 

開幕早々にペナントから脱落
ゴールデンウィークには秋風が漂い

冷めきったファンと
やる気を失った選手達

 

身売りだの
球団消滅だの

目の前の現実に怯え

直視することすら出来なかった
閑古鳥が鳴くスタンドの風景

 

そんな現実が何年も何年も
当たり前のように続いたあの暗黒時代

 

 

暗黒?
漆黒?

トンネルが何だと?

 

 

ふん!

バーロー!

 

それがどうしたっつーんだよ!

 

 

ここ数年

少しだけ強くなって
少しだけ良い思いをさせて貰って

少しだけ人気が出て
少しだけ鼻が高くなって

分不相応な思いをさせてもらってる

 

 

違うか?
そんなことないか?

でも、自分はそう思ってるぞ

 

途中で中断だとか
グダグダな1年になるかも知れないし

ハマスタに訪れる
お客さんも減るかも知れない

 

いざ球場に行ったなら
青空の下でビールだって飲みたいし

突然、中止だとか
流石にそれは凹むだろう

 

 

でもさ、

仕方ないよね
誰も責められない

 

もし、試合が開催されたなら
その1試合をありがたく堪能して

濃いめマシマシに応援すればいい
勝利を祈ればいい

 

この程度のトンネルなんぞ
あの時経験した闇に比べれば

どーってことない
アウト・オブ・クエスチョン

 

今、僕らの目の前にあるものは
闇だとか不安だとかでなく

前途洋洋たる
若者達の後ろ姿に

胸躍るビジョンを示す
頼り甲斐のある球団の姿勢

 

 

明けない夜はない
出口のないトンネルはない

 

それは我々が
この身をもって知り得た

教訓であり
疑いようのない事実

 

それでいいのだ、それでいいのだ

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.