横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

不条理にして幸運たる境界線

投稿日:

 

 

 

 

 

どのチームにおいても
ファンの方々から必要以上に叩かれる

そんな選手がいるのだろう

 

誰かしらターゲットを定め
辛辣な言葉を浴びせることで

溜飲を下げる

 

何とおぞましい光景か…

 

 

 

まあ、それでも

芸能人とかプロ野球選手とか
ある意味においては批判されてナンボ

有名税と言えばそれまで

 

何千万とか億単位の年俸の中には
不条理なバッシングへの手当とかも

含まれているんやろね

 

その一方で…

 

我らが石川さんとか

溌剌とプレーをしていてくれるなら
その雄姿が拝めるなら

もう、それで大満足

 

ありがたい
ありがたいと…

そんな域に達した選手がいるのも事実

 

元カープの新井さんとか
晩年のジャイアント馬場さんとか

ロープに飛んだだけでも
思わず手を合わせて拝んでしまう

 

そこに至るまでは

まだまだ、長い道程なんだろう

 

 

その域までは届かずとも

タナケンとか
昨年、退団した須田幸太あたり

期待を裏切ったとしても
何となく叩きにくいタイプもいる

 

長年に渡って苦労をかけてきたとか
辛い立場で頑張ってくれたとか

批判しにくい雰囲気と言うか
思いやりと言うか

 

ファンの方々の心の中に
そんな遠慮が働いているんだろうなと

 

 

 

その線上において
個人的に首を傾げている選手が

実は柴田なのである

 

倉本が醜いまでの批判を受ける一方で
柴田に対する辛辣な批判とか

目にした記憶が全くない

守備の人と言いつつも
肝心なとこで結構、やらかしてる印象

 

可愛いからか?
だから許せるのか?

守備型の2番タイプの選手だから
粘って球数を稼いで

それで、ヨシと

そんな低いハードルで
評価がなされているのではないか?

 

もしかしたら
親分の筒香キャプテンあたりから

「お前がこの世界で生きていくには…」

なんていう、
ご忠告を受けているのかも知れない

 

 

我々、ファンが
そんなステレオタイプの感覚で

選手の限界を定めて
評価をするのは勝手ではあるが

もし、本人が同じ感覚であるとすれば…

これ程の不幸はないだろう

 

 

ここまでのラミレス構想は
ソトをセカンドに固定することで

豊富な外野陣をフル活躍しようという
アグレッシブな発想

 

現に楠本や佐野が躍動し
梶谷が復活を誓い

この時期に桑原を二軍に落とすほどに
激しく競争を煽っている

 

 

柴田はまあ…

 

試合後半における
ソトに代わる守備固め

自分を含め誰もがその認識なんだろう

 

 

でもさ、

幸運だと思わんか?

 

ドラフトで小園を獲り逃したこと

 

幸運だと思わんか?

ライバルと呼べるような存在が
倉本くらいしかいないこと

 

 

 

倉本以上に打つ自信はないか?

 

もっと言うなら

大和以上に守れる自信はないか?

 

 

目指すべきは
セカンドの守備固めじゃない

大和を押し退け

ショートのレギュラーを掴むことだと

 

自分そう思っている

 

 

 

時間はないぞ

投手中心のドラフトの陰で
十分な指名が出来なかった野手の補強

既に昨年あたりから
上位で指名する余裕が生まれている

 

今年も
来年も

ドラフトでは野手が上位で指名…

いや、もっと正確に言うなら
層の厚い外野手でなく

三拍子揃った将来性豊かな
内野手が指名される

 

 

 

1万ウォン、賭けてもいいぞ(笑)

 

 

 

 

幸運なんだよ

 

最後のチャンスなんだぞ

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.