横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折した横浜DeNAベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

希望があるから絶望がある、絶望があるから成長がある

投稿日:

 

 

Result

6月10日(日) 横浜スタジアム
横浜 6対3 日本ハム

勝 今永 1勝3敗
敗 加藤 3勝5敗

本 筒香16号、神里4号、近藤7号

54試合 26勝26敗2分 2位

 

 

 

 

Editorial

予想外…

と、言うのもどうかと思うが

強豪・日ハムをホームで3タテ
勝率も5割復帰と相成った

 

これを良くやっていると考えるか
こんなはずじゃないと取るか

その感想はファンの皆様の間でも
大きく分かれるところではあるまいか

 

自分はハッキリ申し上げるが

ガチガチの
"こんなはずじゃない派"なのである

 

今の成績に関しては

全盛期のビートたけしばりに
首を傾げているのである

 

 

おかしい
こんなはずじゃない

少なくともこの時点で5個や6個の

 

借金があっていいはずなのに…

 

 

え?
違う?

そっちじゃないの!?

 

もしかして、
もっと勝てるとか思ってた?

 

うーん…

そうか、そうなんだ

 

どう取るにせよ

本気で優勝を目指していながら
いま、5割前後をウロウロしているなら

まあ、苦戦しているということで
間違いはないだろう

 

故障者だの不調者だのが続出し
ルーキーに支えられている今の状況は

どう考えても褒められたものではない

 

 

そんな中

個人的に少々
心配していることがある

 

ファームで結果を残しながらも

なかなか一軍に呼ばれることのない
ベテラン投手達のことなのである

 

加賀は16イニングで防御率0.00
須田は18イニングで防御率1.00
藤岡は14イニングで防御率1.29

 

如何であろうか?
立派な成績ではないか?

 

これだけチームが苦戦し
故障者も多く出ている中で

この成績でも
一軍に呼ばれない…

 

どうすればチャンスを貰えるのか
どうすれば声がかかるのか

年齢的にも
キャリアからしても

毎日、炎天下の中

 

葛藤…

そして絶望感と向き合う
そんな日々が続いているのだろう

 

 

自分だったら、腐るわな。

間違いなく

 

それでも
直向きに投げ続けていれば

結果を出していれば

いつか、チャンスが
必ずあるのだと

 

 

"もう一軍に呼ばれることはない…"

そんな思いも頭をよぎったという
田中浩康のように

必ず、絶対にチャンスはあると

 

自分はそう
思い続けていたい

 

なかなか現地観戦は叶わなくとも

ファームの結果を見る時には
サイトを開く時には

何はなくとも、彼らの奮闘を祈りつつ
その成績に目を通そう

 

 

 

 

頑張れ!

 

 

頑張れ!

 

 

頑張れ!

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.