横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折した横浜DeNAベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

ルーキー達の奮闘が呼んだ健全たる春の嵐

投稿日:

 

 

えええっ?
オープン戦、首位なの!?

縁起悪いわ〜(笑)

 

 

Result

3月14日(水) 静岡
オープン戦

楽天 4対6 横浜

勝 熊原 1勝0敗
敗 菅原 0勝1敗
S 進藤 1勝0敗2S
本 乙坂2号、ソト2号、楠本2号、島内1号

 

 

Editrial

またまたまたまた
ホームランをかっ飛ばしたソトに楠本。

しかしながら、手放しで喜んでいられないのが選手層の厚くなった現在のハマ☆ベイのもどかしさ。

 

遂にハマスタ帰還となる来週のオープン戦あたりには、おそらく梶谷が戻って来るだろう。2軍落ちした細川もホームランを連発しているらしい。

楠本のライバルとなる佐野も結果を出しているし、経験値を踏まえても乙坂は外しにくい。代走、守備固めということを考えると神里も残したいところ。

 

これがソトとなると、このライバル達との争いと同時に、外国人枠を巡ってもバリオスやエスコバーと争わなくてはいけない。昨日のライトへのホームランなどを見ると、ある程度は我慢して使ってみたい。そんな気持ちになってしまうのは自分だけではあるまい。

 

まあ、そういうことなんだわ。

そんなチームになったと、ここは素直に喜ぶべきところなんやろね。

 

そして、この嬉しい競争を生み出しているのは、間違いなく今期入団の質の高い新人達。東は間違いなくローテ入りするだろうし、宮本も現時点では間違いなく白崎さんよりはチームに貢献出来ている。

高校出の阪口は早くもファームでローテに入り、櫻井は一軍のマウンドで眩しすぎるほどの輝きを放ってくれた。

 

嗚呼…

 

何ということでしょう

 

試合は観られなくても、まずはこの若者達の結果をスコアで追ってしまう毎日の日課。これがこの時期の健全な野球の楽しみ方なのかも知れんね。ここ数年でやっと分かってきたわ(笑)

 

選手達に大盤振る舞いしてることだし、スカウトの方々の給料もググッと上げて欲しいわな!

 

 

春闘の時期だけに

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.