横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

ベイスターズ

一子相伝、究極の奥義

更新日:

 

 

 

 

極限の怒り
そして、極限の哀しみ

その定めを追う者のみが
極められるという究極の奥義あり

 

一子相伝にして
門外不出

伝説の扉が
今、解き放たれるのである

 

 

 

 

 

時は1979年

我らが横浜大洋に
ジーン・マーチンという助っ人がいた

 

前年までは
ドリャゴンズに所属

中日在籍5年間で161本塁打
リーグ優勝にも貢献するなど大活躍

 

76年には1試合2本塁打以上を年間10度

かの王貞治、ランディ・バースと並ぶ
日本タイ記録の保持者でもある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな強打のスラッガーが

年齢的な問題か
何か揉め事があったのか

この年、大洋に移籍

 

1年間の在籍ではあったが
28本塁打、83打点

打率こそ.254とやや物足りないものの
OPSは.811となかなかの数字

 

 

にも関わらず、

同時代に在籍していた
ミヤーンのことは誰もが知っていても

このマーチンについては
語られることのない悲しき宿命

 

ロペスくらいは打っていたはずが
僅か1年で退団となり

その存在は
球団史の片隅にすら

記されずにいるのだろう

 

 

 

そう、

哀しみは連鎖し
漆黒の闇はまた、闇を呼ぶ…

 

1961年のアメリカの軍事介入により
泥沼化したベトナム戦争

戦場の若者達は
生地獄のようなジャングルを徘徊し

多くの命が失われた

 

そんなベトナム戦争に従軍したという
マーチンはいったい何を見て、

何を失ったのか…

 

 

Wikipediaはこう綴っている

 

 

 

 

 

 

 

なお、トレードマークであったハゲ頭は、ベトナム戦争に参加した際、鉄兜を長く被っていたためそうなったと、本人は語っていた。

 

 

 

 

 

極限の怒りあるところに
究極の奥義あり

極限の哀しみあるところに
究極の奥義あり

 

 

 

Wikipediaはこう結んでいるのである

 

 

 

 

 

 

 

大洋移籍後、薄毛に悩んでいた山下大輔に攻守交代時のヘルメットから帽子への早替えの技を教えたのが彼である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

男の花道に涙はいらぬ
お前の涙は、オレの拳で受けてやろう

天は悪戯に悲劇を好む
愛ゆえに…

 

 

 

一子相伝、必殺の奥義

 

お前はもう…

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.