横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

ベイスターズ 特別企画

2019年ドラフト指名 ハマ☆ベイ玉門占い

更新日:

 

 

 

 

日本シリーズ出場の夢叶わず

既に2019年のシーズンが終了した
我らハマ☆ベイにとって

ある意味、最後のお楽しみとも言える
待ちに待ったドラフト会議

 

皆様の感想は如何であっただろうか?

 

 

ドラフト1位で
高校ナンバーワン遊撃手

桐蔭学園の森敬斗を一本釣りするなど
相変わらずのドラフト巧者ぶり

流石は敏腕揃いのスカウト陣
見事なまでの指名だった

 

…と

果たして、
手放しで浮かれていいものか?

 

早期にチーム力を引き上げるという
致し方ない事情はあったにせよ

即戦力投手中心に指名を続けて来た
その歪みが徐々に顕在化

 

誰の目にも明らかなほど
野手の層が手薄だったのに加え

チームの4番にして大黒柱
筒香のメジャー移籍という非常事態

 

優秀な素材を確保したとは言え

これで合格点だと
その程度のハードルで判断していいものか

 

 

希望に満ちた
おめでたい場ではあるが

厳しいことを言わねばなるまい
厳格な採点を下さねばなるまい

 

津田沼の狂犬
湾岸のジャックナイフとして

触るもの皆、傷付けて来た
鬼の主筆がその牙を剥き

 

お約束だの
ショーマンシップだの

徹底的に排除して
シューティングを創設した

佐山サトルのように

 

飾ることなく妥協を許さず
この度のドラフト指名を採点するなら

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

100億万点!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えーと、

何か毎年同じ点数のような気もするが
縁起物なのでそうしておこう(笑)

 

絶対の信頼を寄せる
吉田部長以下、スカウトの方が

自信を持って指名した選手達
誰が何と言おうが万点の指名なのである

 

 

さて、
そんな金の卵達ではあるが

残念ながら自分は
全くアマチュア野球に精通していない

どんな選手なのか
正直言って良く分からない

 

え?

それでどうして、
そんな点数付けられるんだ!?

 

 

だ…

だまらっしゃい!

 

o(`ω´ )ノノ

 

 

 

 

 

分かるんだよ!
感じるんだよ!

その面構えから!
そのオーラから!

 

なるほどザ・ワールドの恋人選びとか
週刊大衆の⚪︎女はどの子だとか

当たるんだよ!
パッションなんだよ!

 

 

美貌だけが取り柄の
どこにでもいる地味なOLではあるが

このFカップの胸いっぱいに広がる

限りなく透明に近いブルー
ハーフポテトなインスピレーション

 

この度の更新においては

この、女の直感を元に
各選手の完成形とピッタリの背番号を

 

ビッシビシと
言い当てようではないか!!

 

 

 

 

まずはドラフト1位

高校ナンバーワン遊撃手と評判の
森敬斗(内野手:桐蔭学園高)

 

 

 

 

 

 

 

あ、あわわ、はわわわわ…

なんつーか、
これヤバイやつだよね

 

近くで見たら絶対に直視出来ない

誰かと言われれば
我らがヤスアキを思わせる

その笑顔と眩いオーラ

数年後には野球界の顔になるべき
問答無用の主人公

 

背番号は6が空いてはいるものの
彼に背負わせたいのは

 

"23"

 

藤田に託した夢を
倍返しで実現してくれるだろう

 

6は…

せやね、

FAで獲得する選手にでも
付けてもらったらどうかな(意味深)

 

 

 

ドラフト2位は
すっかりお馴染みとなったイケメン枠

そしてこちらも例年のお約束となる
大学ナンバーワン左腕

坂本裕哉(投手:立命館大)

 

 

 

 

 

 

東の後輩となる立命館から
左腕王国の新たな一角として

石田2世とも言われる…

 

石田…

なのか??

 

ふーむ…

この表情
特に目元のあたりから

そこはかとなく漂ってきたのは
あのスーパーレジェンド

元ドリャゴンズは岩瀬のテイスト

 

と、なれば
背番号はもちろん

 

"13"

 

是非とも息の長い
スマートな投手になって欲しい

 

 

 

3位も同じく即戦力
太いパイプを誇る明治大から

いかにも気の強そうな
ある意味、ウチらしくない雰囲気の

伊勢大夢(投手:明治大)

 

 

 

 

 

 

 

早くも戸柱2世とか
そんな声も上がっているようだが

スリークォーター気味のフォームから
腕が鞭のようにしなって

右打者の懐をえぐる
シュートだかツーシームだか

 

喧嘩投法に
このふてぶてしい面構え

そして明治大学とくれば
思い出すのは勿論、闘将・星野仙一!

 

空いてんだよ
不思議と空いてんだよ

 

何故か"20"が!

 

これで実は気が小さいとか
趣味が手芸とか

斬鉄剣がこんにゃくを切れないような
裏設定があったなら…

 

それはそれで愛されそうだから
まあ、エエかな(笑)

 

 

 

ドラフト4位はこちらも
高校ナンバーワン捕手と評価の高い

東妻純平(捕手:智弁和歌山高)

 

 

 

 

 

 

なるほど、

時に良き兄貴分として
投手を庇い

時に鬼となって叱り飛ばすような

 

どこか飄々としがらも
芯の強さとリーダーシップを感じるわ

雰囲気で言うなら矢野!

現役時代に付けていた39は…

 

ないの?
空いてないの?

 

だとすれば…

あまり多くは申し上げないが
いろんな意味でケチのついてしまった

 

"45"

 

捕手の番号
捕手の象徴として

生まれ変わらせて欲しい

女房役として
だらしない亭主を引き締めて欲しい

 

 

 

ドラフト5位は梶谷の後輩
強打の大型ショート

田部隼人(内野手:開星高)

 

 

 

 

 

 

ロペス先生もビックリ
引っ張り専門のプルヒッターだとか

田部と書いてタナベと読む
冗談のような田部伝説が凄まじい

 

ある試合では相手の高校が
セカンドを外野に回して対策するも

4打席連続で…
密集したレフト前にヒットとか(笑)

 

やっぱりね、

プロで大成する選手には
そんなマンガのような伝説があるんだよ

満塁で敬遠とか
4巻までは柔道やってたとか

 

そんな規格外のスラッガーには
やっぱりこの番号やろ

ゴジラ松井の系統を受け継ぐ

 

"55"

 

小さくまとまらんと
新設のレフトウィング席まで

かっ飛ばしてクリ!

 

 

 

ドラフト6位

蝦名達夫(外野手:青森大)

 

 

 

 

 

 

 

今回のドラフト指名選手

その顔写真を見て
醸し出す雰囲気に一番驚いたのが

この蝦名!

 

伝わって来る雰囲気は
カープの主砲・鈴木誠也あたり

世が世なら
一軍の将になるような

漢(おとこ)の顔

 

強打者を輩出することで定評のある
北東北リーグのスラッガー

山川だの外崎だの秋山だの
錚々たる先輩達を凌ぐ打撃数値に加え

 

身体能力抜群
足もあって肩も良い

加えてひと目見て分かる
絶対にプロで成功する面構え

 

背番号は
鈴木誠也よりかなり前に

同じく、絶対に大成する顔だと
見た瞬間にピンときた

元ヤクルトのブンブン丸こと
池山が付けていた

 

"36"

 

おお、そうだ
名手でありながらリストが強く

毎年のように
二桁ホームランを打っていた

進藤達哉も最初は確か
36を付けていたっけ

 

 

 

さて、

慣れない長文で
だんだん面倒くさくなってきたのは

ここだけの話…

 

あと何人?

お?
最後か?

 

 

 

ドラフト7位は
九州ナンバーワン右腕と言われる

浅田将汰(投手:有明高)

 

 

 

 

 

 

そのプロフィールから
これは間違いなく化け物だ!

…と、

 

洒落の大好きな
ベイファン諸氏を歓喜させた

持ってる男

 

 

 

 

 

 

しかしながら
その実態は

全日本代表にも選出され
日の丸を背負って戦った実力派

 

動画を見ても

キレのあるストレートに
鋭く曲がり落ちる変化球など

良くぞ7位まで残っていたなと
その幸運に感謝するレベルの投げっぷり

 

7位だろうが育成だろうが
一度、プロに入れば実力が全て

 

同じく当時のドラフト外という
最底辺から這い上がったあの男が

ルーキー当時に
投手として付けていた

 

"66"

 

浅田くんに託そうではないか!

 

 

 

 

 

っつーことで…

素晴らしい若者達のドラフト指名に
つい興奮して久々の長文

 

ほろ酔いの居酒屋で一気に占った
前途洋洋たる未来絵図

 

次代のスーパースターに

夢を馳せる楽しみよ

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-ベイスターズ, 特別企画

Copyright© 湾岸クライシス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.