横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

片手にラガー、片手にエール

投稿日:

 

 

 

 

4月17日(日) 横浜スタジアム
横浜 4対5 ヤクルト
6勝9敗 5位

 

 

 

なんつーかね
絶好のチャンスに

追加点が奪えなかったという
そんな場面もあったにせよ

 

昨年まで
散々目にして来た

リリーフ陣の脆さを露呈する
お約束のような試合内容

 

そら、前日
あんな爽快な勝ちを見せられるたら

 

ついつい
チケットを探すわな

ついつい
ポチッと押してまうわな

 

喜び勇んで駆け付けた
お久し振りのハマスタで

冷たい小雨に打たれながら
まさか、4点差を逆転されるとは…

 

思ったわ
思いましたよ

 

移籍の大田に1発が飛び出し
先発の大貫は快調

流石に4対0になったところで
これは楽勝だと

 

2日連続の完封じゃ!
マダックスじゃ!

 

 

片手にラガー
片手にエール

唇にハイリキ
背中に国吉ユニ

 

 

あああ
あああ

 

あああああああ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敗戦を見届けて
ガッカリと項垂れていると

すぐ後ろで観戦していた
おばちゃ…

いやいやいや、
妖艶なマダムがポツリと呟く

 

 

4点差もあって勝てないんじゃねぇ〜

 

 

そらそうよ
その通りよ

 

借金3と借金1は
全くもって大違い

コロナ禍で大量離脱という状況の中
この1敗の重さは如何ばかりか

 

 

 

昨日、ひとつ勝っておいて
良かったわねぇ〜

 

 

 

 

 

…!?

 

 

 

嗚呼ぁ…

 

まるで悟りをひらいたかのような
その一言が

疲れた身体にすーっと
染み渡っていく

 

仏の慈悲か
神の信託か

ありがたや
ありがたや

 

こんなお方に出会えるから
現地観戦はやめられない

こんな一言に触れられるから
このチームは懐が深い

 

あと何百
いや、あの何千の

敗戦を乗り越えれば
この境地に達することができるのか

 

自分の甘さに恥じ
器の小ささを憂い

心の中で手を合わせ
席を立ちつつ振り返ると

 

照明灯のカクテル光線を浴び
まるで後光が差す中で

 

選手達が去った
雨混じりのグランドを

にこやかに見つめる
マダムの姿

 

 

軽く一礼をしつつ
足早に外野の急な階段を駆け下りる

我が心に残されたのは
なんとも優しく暖かな灯火

 

これだから現地観戦はやめられない

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ
-

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© 湾岸クライシス , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.