横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

不満なのである、大いに不満なのである

更新日:

 

 

 

 

6月3日(木) 横浜スタジアム
横浜 4対3 ソフトバンク
5勝2敗2分 2位

 

 

 

 

不満である
大いに不満なのである

 

勝ったとか
負けたとか

ホークスに何年振りに
勝ち越したとか

 

この段階において
そんなことはどうでもいい

 

 

昨日の試合における
8回の攻撃

無死1塁に伊藤光を置き
佐野の右中間を破る一撃で

 

本塁に突入させた
三塁コーチャー小池の判断…

…も、そうだが

 

その一連の流れの中で
三塁に進むことができなかった

佐野の走塁が
甚だ不満なのである

 

勿論、あの場面における
本塁突入は愚の骨頂

二死ならともかく
ノーアウトで次はオースティン

 

1点リードの8回裏という
そんな状況を考えても

タイミング的にギャンブルとなる
ホーム突入は明らかなミスジャッジ

 

しかしながら
2塁付近にいたであろう

佐野の目には
一連の流れが映っていたにも関わらず

送球の間に三塁へ進めなかった
あの走塁は頂けない

 

 

短期決戦では命取りとなる
ワンプレーとなりかねないのである

 

 

同じく初戦において
三嶋の牽制悪送球から

三塁を欲張った
周東を刺した状況においても

 

二死まで取って
そこから明石をストレートの四球とか

周東がベンチに残っていることを考えれば
余りにも不用意なフォアボール

 

この辺りも独特なムードが漂う
短期決戦の大一番では

一気に流れを失いかねない
スキを見せたと言えるだろう

 

これまでベイスターズの
短期決戦における戦いぶりを

何度も何度も
飽きるほど見てきた中で

 

若さがもたらす勢いと
若さゆえの過ちと

そんな青臭い葛藤が
多くの試合の勝敗を分けてきたと

 

自分はそう
分析しているのである

 

相手はウチの対極に位置する
百戦錬磨のホークスなのである

このようなスキは本番では
絶対に見逃してはくれないだろう

 

 

結果だけを見れば
勝ち越したと喜べなくもないが

エスコ、ヤスアキ、三嶋という
勝ち継投を連日見極め

 

初対戦となる
主砲オースティンに対しても

ボールを四隅に垂らして
打てるところ打てないところ

さぐりを入れていたとも
考えられる

 

そのくらい狡猾なチームなのである

 

 

 

既に情報戦は
始まっているのだよ

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.