横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

2019年ベイスターズ投手陣を分析してみた

更新日:

 

 

 

 

 

さてと…

 

オープン戦も終わったことだし
今期の戦力と展望について

我が湾岸クライシスでも
少しだけ考えてみましょうかね

 

そのくらいやらんと

間がもたんからね
ネタがなくなるからね

 

 

ブワッハッハッ

 

 

 

 

 

まず、第1回目は

 

投手編から

 

 

 

昨年は故障だの不調だの
先発陣が開幕当初から崩壊に次ぐ崩壊

ルーキー東におんぶに抱っこ
中継ぎ陣に肩車…

 

優勝候補との呼び声もありながら

終わってみれば優勝どころか
CSにすら届かない

4位でシーズンを終わるという
期待を裏切る残念な結果

 

果たしてこの2019年はどうなのか?
上がり目はあるのかないのか?

 

 

" 期待はするけど計算はしない "

 

いつも通りの方針のもと
我らが主筆が冷静に

そして、生温かく
考察をしてみたいと思う

 

 

現在の投手陣を見てみると

開幕を前にして
昨年同様に故障者が続出

 

東が昨年からの肘痛が癒えず
復活を期す石田も肘

個人的に一番期待していた平良は…
よく分からんけど出遅れていて

先発ローテ当確と思われた
飯塚までが離脱とか

 

ホント…

どうなってんだ!?

 

昨年のローテを一人で支えた
東は兎も角としても

皺寄せで登板過多となった
中継ぎ陣でなく

あれだけ過保護に起用されていた
先発陣がまたバタバタと…

 

 

ふん、

知らんわ

 

もう、勝手にせいっ!

 

 

っつーことで、
今年もまた後ろからの逆算方式

 

先発は5回100球あたりで

その後はまたまた
中継ぎ陣のお世話になるということか

 

何とも情け無い話ではあるが
それでも中継ぎ陣の顔ぶれは悪くない

いや、悪くないどころか
12球団トップクラスであると

自分はそう自負をしている

 

 

9回は勿論、日本のクローザー
山崎康晃がいて

8回はパットン

6〜7回は
右の三上、三嶋に
左の砂田、エスコバー

ビハインドやロングリリーフ枠には
国吉と笠井が控えている

 

キレで勝負する砂田以外は
何れの投手も150km級の速球に

年間60試合を投げる
タフなエンジンも備えている

 

ヤスアキがどこかで不調になるとか
パットンがカープにカモにされてるとか

まあ、不安材料が無い訳ではないが
他球団に比べたら文句は言えまい

 

それでも課題を挙げるなら

熊原、平田ら調子の良い時期であれば
後に続けそうな人材がいる右と比べ

左投手の控えとなると
ストレートが戻っていないタナケンに
中後、古村あたり…

心許ないことこの上ない状況

 

砂田に勤続疲労の気配が漂い

外国人枠の都合で
エスコバーが外れる事態もあるとすれば

石田あたりを後ろに回す
そんなこともあるかも知れない

 

今年もこの2人に
勝ち負け、展開に関わらず

60試合投げろとか…

かなり酷な注文ではないだろうか

 

 

 

さて、先発である

開幕当初は今のところ
今永、上茶谷、井納、濱口、大貫、京山

この6人で回すことがほぼ確定

 

またまたルーキーが
しかも、2人揃ってローテ入りとか

早くも火の車…と、言うよりは
そんな素材をしっかりと獲得した

スカウトの方々の慧眼ぶりに
深い感謝の念を贈らずにはいられない

 

もう、足を向けて寝られんわな
どっちの方角かはよく分からんけど

 

 

ただ、
理想を言うなら

故障者が全て戻って来た上で
今永、東、濱口、井納、上茶谷、平良

この辺りでしっかりローテを組めることが
自分の考える理想的な陣容

 

彼らが本来の投球をすれば

強打のカープ相手であっても
十分にロースコアの試合運びが出来る

そんな力のある投手達だと思っている

 

 

 

 

さて、如何であろうか?

 

悪くはない
悪くはないんだけど

どうせ、
怪我や不調で全員揃わない

経験値のリセットだの
今年もルーキー頼みだの…

 

投げてみないと分からない
蓋を開けてみないと予想もつかない

出たとこ勝負
成るようにしかならないという

 

謂わば、

 

まさしく鉄骨渡り…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろを振り返る余裕もなく
宵越しの金は持ってたまるかという

その日暮らしの
マシンガン継投が眼に浮かぶ…

 

それでは

少し辛めではあるが
投手陣の勝星を予想してみよう

 

 

 

今永 14勝
東 12勝
濱口 10勝
上茶谷 10勝
井納 10勝
石田 8勝
平良 8勝
飯塚 5勝
京山 5勝
大貫 3勝

リリーフ陣に
15くらい勝ちが付くとして…

 

 

ん?
あれ!?

 

また、100勝してんじゃん!

 

 

いやいやいや…

そんなはずないだろ
計算ミスだろ

 

平良は間違いなく二桁勝つだろうと
それでも控え目に8勝

本来なら15勝出来る東も
出遅れたから12勝に減らしてるし

昨年、6勝の京山だって
厳しく5勝で計算してんのに…

 

文系やったからね
算数は苦手やったからね

 

え〜と、

56に10を足して
1繰り上がって、えーと…

 

 

 

 

 

 

 

 

お、おかしいな
何度計算しても100になるぞ

 

 

てか、何で100勝もするんだよ!

 

つまらんだろ!
セ・リーグの灯が消えんだろ!

 

41勝7敗とかやってる
千葉ジェッツと変わらんだろ!

面白くねーんだよ
相手に同情すんだよ

第1QTRの途中で
メンバー落としんじゃねーよ

 

ごらぁっ!

 

 

 

 

いや、冗談は抜きにしても

その顔ぶれや持っている能力とか
彼らが本来の力を発揮して

1年間シーズンを乗り切ったとするなら

自分はハマ☆ベイ史上
最強の投手陣であると断言しよう

 

敢えて点数を付けるならば…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

100億万点!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

是非とも、
リーグの灯を消さない程度に

頑張って頂きたい

 

 

ブワッハッハッ

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.