横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折した横浜DeNAベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

ベイスターズの4月を振り返ってみた

投稿日:

 

 

 

Result

5月3日(木) 甲子園
阪神 4対2 横浜

勝 メッセンジャー 5勝1敗
敗 東 2勝2敗
S ドリス 0勝1敗10S

26試合 13勝13敗 4位

 

 

 

Editorial

苦手のタイガースに雨を挟んで連敗。せっかく作った貯金も使い果たし、4位転落というスタートとなった5月の戦い。

打線が奮わないこともあって、皆様のイライラも分からないではないが、4月を終えた時点での勝敗をあらためて確認してみると13勝11敗。

なかなかのスタートを切っているのである。

 

ゴールデンウィークに突入した浮かれ具合もあり、特に意識して考えることはなかったが、冷静に考えると素晴らしい出だしであったと断言して間違いないだろう。

今永を欠き、濱口を欠き、ウィーランドを欠き、頼みのパットンは絶不調。そんな状態にありながら、貯金を作って4月を乗り切ったのである。

 

打線だって決して好調だった訳ではない。寧ろ、8連勝だとか、なぜこんな成績を残せたのか不思議でならないと言うのが正直なところ。

この要因を思いつくままに書き出してみるならば、苦し紛れに起用した京山、バリオスの好投。井納中継ぎ転向の成功。東、神里らルーキー達の活躍。

そんなところだろうか?

 

確かに目立つところではこのあたりだろう。ただ、我らが主筆の見立てるところではもうひとつ。

大事な大事な要素が、もうひとつ抜けているように思うのだよ。

 

口に出してみれぼ何ともないこと。捻りもなければ、オチもない。へっ、当たり前だろ?などと嘲笑されても仕方ないことなのかも知れない。

 

トーカ堂の社長が若干勿体ぶりながら、値段を発表するイメージで聞いて欲しい。

 

 

 

なんてことはない。

 

筒香らのクリーンナップと、クローザーのヤスアキが普通に働いているから。

これが一番大きな要素なのである。

 

普通なのだ、普通なのだよ。
つまりは彼らが普通に額面通りの働きをしてくれれば、チームはそれなりに安定して勝つことが出来ると言うこと。ここが物凄く重要なことだと思うのだよ。

 

球界を代表するクリーンナップに、同じく日本一を争おうかというクローザー。

彼らがしっかりと職務を果たしてくれているからこその、この結果であると。自分はそう断言したいのだ。

 

ひと冬越えて、ルーキーや大和などの補強もあった。若手のレベルアップもあり、予期せぬ力の台頭もあった。選手層は確実に厚みを増している。日本シリーズ出場という、素晴らしい経験も積むことが出来た。

これらの要素は年間を通して、必ずやトータルで効果を発揮して来るだろう。一発勝負のトーナメントではない。長い長いペナントレースなのである。

 

開幕で出遅れた3投手の故障について、シーズン終盤なら投げさせているという話もる。やっと復活した今永も調子が上がらないと見るや、すぐにファームに落としているし、開幕投手に指名した石田も日程を見ながら下で調整をさせている。

彗星のように現れた京山ですら、落とす理由を探していたとすら感じてしまったのは、果たして自分だけであろうか。

 

この恐ろしいまでの余裕。

いや、計画性と言うべきか。

 

昨年、我慢して使い通した桑原や倉本に厳しい判断を下しているのも、恐らくは長期的な視野にたってのことであろう。いろいろと試している時期、実戦での力を見定めている時期とも受け取れる。

ラミレス監督に、その余裕を齎しているもの。それは間違いなく、我らがハマ☆ベイの骨格をなす、クリーンナップとクローザーの安定感なのである。

 

 

 

 

ひとつの勝ち、ひとつの敗戦に一喜一憂するのがプロ野球の楽しみ方であるならば、神経を研ぎ澄ましながら、あれこれと推察を重ねるというのもひとつの楽しみ方だろう。

そんなことが出来るチームになった。
そんな球団にしてくれた。

 

 

そんな感謝の念を胸に抱きつつ、今宵も琥珀のグラスを抱き寄せようではないか。

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.