横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折した横浜DeNAベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

梶谷がいる風景、ベイスターズの色

投稿日:

 

 

またまた長い一週間が始まった。

月曜の総武快速のラッシュっぷりを例えるなら…激安スーパーのピーマン詰め放題というところか。

扉が閉まればセーフという風潮にも腹がたつが、こんな電車に乗らなくては生活が成り立たないという、劣悪な環境にも無性に腹がたつってもんよ。

夜になって一杯飲んで全てを忘れ、また翌朝這いつくばって出社するという無限ループ。人間とは愚かな生き物よな。

 

ブワッハッハッ

 

 

 

Todays Line Up

Result

2月25日 宜野湾 オープン戦

横浜 5対7 楽天

勝 則本
敗 濱口
S 宋
本 今江、乙坂、佐野

 

 Digest

削除されてたらゴメ〜んス!

YouTubeより

 

 

 

 

 

Editorial

ここまでの練習試合、そしてオープン戦を見る限りにおいては、今年も3番筒香、9番倉本というオーダーが、どうやらラミレス監督の基本線ということか。

 

まあ…別にいいわ。

個人的な意見を述べさせて頂くなら、この部分に何の不満も偏見もない。一番チームを良く知り、誰よりも真剣に勝つ事を考えている人間がはじき出した結論なのである。

9番が野手だとすれば、3番打者は実質は4番打者。投手で打線が切れることを前提とするならば、3番として打席に入るのは初回のみとも言える。単純な考えで恐縮ではあるが、理に適っているのは間違いあるまい。

 

上手く打線が機能せず、勝てなければまた考え直すだろう。我々はただ、安い居酒屋に席を移して愚痴を言い合えばいい。これが正しいファンの作法だと、今のところはそう言わせて頂こう(笑)

 

しかしながらそんな今だからこそ、キャンプもあと数日で打上げという、この時期にこそ主張したいことがある。

 

なぜ今なのか?

簡単なこと。

 

どーせ、すぐに忘れるだろうと。シーズンが始まる頃…いや、今日の夜には誰も覚えてねーだろと。そういうことで勝手に言い捨てさせてもらうぞ。

 

筒香を3番にしようが投手を8番に置こうが、とにかく…

梶谷は2番で使って欲しい

 

なんか昨年からず〜っと言ってるような気がするが、梶谷を6番とか7番で使うほど勿体ないことはあるまい。

ロペスや宮崎とか鈍足のランナーが前にいて、すぐ後ろに投手がいると、一番走れるはずの梶谷の足を自ら封じる形となってしまう。

ただ、打つだけの選手ではないのだ。

 

筒香の打席で唯一走ることの出来る選手。打つだけの梶谷では、その魅力は半減どころの話ではないだろう。どちらかと言えば、勝負強く走れない倉本を6番、俊足で粘り強い大和を9番に置いてはどうだろうか。

ラミレス監督は相手投手の左右で梶谷と細川を使い分けるような発言をしているが、少なくとも今期に関しは本気で言っているとは思えない。

梶谷を叱咤しようという、その意図が全てなのではあるまいか。

 

 

自己最多の20本のホームランを放ちながら、その三振の多さと安定感を欠いたバッティング。更には肩などの故障など、満足に試合前の守備練習もこなせないコンディション。明らかに期待を裏切った昨シーズン。

外野の一角を狙う乙坂に佐野、ルーキーの楠本が強烈なアピールを見せている。焦っているのではあるまいか。

いや、大いに焦るべきだろう。

 

 

打つだけの評価なら、他の選手との併用も当然。6番や7番を打たせるのであれば、是非とも佐野あたりを使ってみたい。現にそれだけの結果を出している。

しかしながら、梶谷の持ち得るものは高いレベルで打って走って守れるという、野球人であれば誰もが羨むそのポテンシャル。トリプルスリーにダイヤモンドグラブ賞を狙うことの出来る選手など、野球界広しと言えども、何人もいるものではない。

 

 

僕らが見る以上の夢を

是非とも本人に見て欲しいのだよ

 

梶谷は筒香と共にこのチームを牽引する、なくてはならないベイスターズの両輪だと、自分はそう思っている。

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.