横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

救わねばなるまい、助け出さなくてはなるまい

投稿日:

 

 

 

 

8月11日(木) 横浜スタジアム
横浜 4対1 阪神
49勝46敗2分

 

 

 

先発投手が終盤まで粘り
打線が数少ないチャンスをモノにする

グランドの攻防から
徐々に大技へ

 

まるで筋書きがあるかの如く
勧善懲悪のドラマは

一気にフィニッシュへと
波を打つ

 

満員の国技館に詰めかけた…
満員の…

 

へ?
ハマスタ?

これ、野球なの!?

 

それにしては上手く出来過ぎてね?

 

好投した先発投手に
何も時間切れ寸前で勝ちが付いて

大田だの嶺井だのオースティンだの
大熱狂のドラマがあって

 

ブッカーは誰だ?

ビンスか?
外道か?

 

へ?
いないの?

 

全て偶然!?

そ、そうなのか…

 

 

この展開を見て思い出すのは

カープ戦における
3試合連続のサヨナラ勝ち

そして歓喜の優勝前夜
1997年における真夏の大躍進

 

狐憑きか
集団催眠か

魑魅魍魎の棲まう
魔都・ハマスタ

 

大人も子供も
まるで取り憑かれたように

同じ幻覚に触れる
怪現象

 

高いフェンスに
逆三角形の特異な照明灯

すり鉢型のグランドにこだまする声は
ファンを選手を

トランスの深みへと
誘うと言う

 

5年に1度
いや、時には数10年に1度

禁断の沼地へと足を踏み入れた者は
一生逃れることのできない

邪悪なる定めを
その心に負い続けるのである

 

すり鉢の奥底で
この怪現象に触れた

かの名将・権藤博は小さな声で
呟いたという

 

「まるで、物の怪が取り憑いたようだ」と

 

 

気掛かりなのは

お揃いの着物を纏い
トランスの奥底へと誘われた子供達

 

これから10年、20年と
もう一人の自分と戦い続ける

そんな宿命を
背負ってしまったのである

 

救わねばならない
助け出さなくてはならない

ぬまつだエイトと
改名も検討しようではないか

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ
-

4
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© 湾岸クライシス , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.