横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

よそ様はよそ様、ウチはウチ

投稿日:

 

 

 

 

 

筒香なき後
チームのキャプテン

そして、4番という重責を任された
佐野が悩んでいたらしい

 

 

らしい…

と、いうのは
昨日のジーヤンツとの練習試合において

 

中継していた
TBSチャンネルのアナウンサーも

解説をされていた
槇原氏も

なんか、そんな論調で
佐野について語っていたので

 

ああ、そうなんだと

その程度の認識でしかないのだが

 

 

 

6.19の開幕に向けた
練習試合においてヒットが出ていない

ソトやオースチンが
順調な活躍を見せている

 

期待
不調
プレッシャー

確かに状況証拠は揃っている

 

試合前にはラミレス監督が
何やらアドバイスを送ったという

そんな話も伝わって来ている

 

 

…も、

どうなんだろね?

 

 

ラミレス監督が
佐野をキャプテンに抜擢したのも

今、こうして
4番を任せているのも

 

恐らく、佐野という人間が
十分にこの重圧に耐えうるだろうと

人間的な器について
そう判断を下した訳だし

 

前キャプテンの筒香や
入団から彼を見てきたコーチの方々も

この決断には
皆さん、賛同したんだろう

 

 

別に誰であっても
数試合、ヒットが出なければ

普通は悩んだり
落ち込んだりするだろうし

ナーバスになったりもするだろう

 

いろんな選手の
そんな時の顔色だの態度だの言動だの

ずっと側で見続けてきて
その上での判断が

 

キャプテン佐野

そして、
4番佐野だったはずなんだよね

 

 

 

個人的に、
ここまでのラミレス監督を見るに

キャプテンという
その位置付けは重視しながらも

 

恐らくは
日本人が考える程に

4番という打順について
拘りはないし、神聖視もしていない

 

オースチン、ソト、ロペス、宮崎と
右のスラッガーが並ぶ間に

少しバランスが悪いから
左を一枚、挟んだろ

 

…というレベルだと

 

自分はそう思っているし

もしかしたら佐野に対しても
同じような論法で

気楽に行けと

そう、諭しているのではあるまいか

 

 

 

何れにせよ

マスコミだとか
周囲が騒ぐ程には

ウチに限って言えば
大きな問題じゃねーだろがと

 

これは、筒香2番とか

ここ数年のラミレスの思考を
それなりに吸収してきたファンの方々なら

薄々と感じていることだろう

 

 

4番なのにとか
4番なんだからと

そんな論点でこのチームを語り
佐野を非難するのは

 

10万円のチケットが
あっという間に売切れるくらい

信じられないお話なのである

 

 

 

 

試合が始まって
4番目に打席には入るけど

 

 

その後は

 

ウチじゃ実質、
打順は5番なんだしね(笑)

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.