横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

キャンプ ベイスターズ

浮かれ気分でロッケンロー

投稿日:

 

 

 

 

 

五輪イヤーを踏まえ
例年より10日ほど早く始まった

この日のオープン戦

 

いきなり飛び出した
期待の新戦力オースティンの2連発

たかがオープン戦
まだ2月の半ばだっつーのに

ウキウキ
ポジポジ

 

気怠い月曜
新型コロナウイルスの恐怖

そんなもん関係なしに

軽やかなステップで
出社したヤツはどこのどいつだい?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アタイだよ!

 

ブワッハッハッハ

 

 

気分ええのぉ
明日、開幕でも問題ないのぉ

 

問答無用の2連発

特に2発目はインコースのストレートを
軸がぶれることなく綺麗に振り抜き

ハマスタであれば
市庁舎を直撃していたであろう

他球団007もガクブル間違いなしの
お見事な一撃

 

まあ…

この時期だしね
いろいろ相手も試してるだろうし

苦手としている
右投手のスライダー系の球に

どれだけ対応出来るか…

 

なーんて、
不安もない訳じゃないけど

あのインコースのボールを
キッチリ捌けるというだけで

そら、楽しみが膨らむわな
ポジリ倒したくもなるわな

 

このオースティンを
2番に起用したというのも

如何にもラミレス監督らしい
グッドなチョイス

 

神里が出れば
ストレート系のボールが増えるし

多少なりとも
出塁への意識が高くなれば

ボール球に手を出すことも
減るかも知らんしね

 

 

さて、実はこのオープン戦

個人的に
オースティン以上に気になったのが

今期における
ラミレス監督のチーム構想

 

この日のオーダーは

8 神里
9 オースティン
3 ソト
7 佐野
D ロペス
4 宮崎
2 伊藤光
4 柴田
6 大和

 

ポイントのひとつは
何と言っても4番の佐野

若くしてキャプテンという
重責を担わせた上

流石に4番というのは…

 

という気がしないでもないけど
まだオープン戦やからね

勉強にもなるし
いろいろ経験しておくのは

悪いことじゃないからね

 

ソト、宮崎、ロペス、オースティンと
重量級の右打者が並ぶ中で

気軽に6番…

 

と、なると
右打者が2番から5番まで並ぶような

バランスの悪い打線に
なりかねないと

まあ、行けるとこまで
佐野を4番てのもアリかも知れんね

 

 

そして、もうひとつの肝心なこと

キャンプ序盤のシートノックから
ソトがロペスと一塁に固定

 

これまで一度も
セカンドだのライトだの

昨年まで守っていたポジションで
練習してるのを見たことがなく

ファーストはソトが本線で
まさかロペスがバックアップとか…

 

それを裏付けるような
記事も出ていたりとか

 

 

 

「二塁手争いは全く違うタイプで五分五分。柴田は守りがよく、伊藤はパワーヒッター」とラミレス監督。

※中日スポーツより

 

 

 

ファーストはソト
セカンドは柴田と伊藤ゆを競わせ
サード宮崎
ショート大和

これが今期における
ラミレス監督の構想なのだろうか

 

ロペスがかなりの減額で
今期の契約を結んでいるという

そんな情報もあった

 

4人の外国人枠を
投手2、野手2で埋めるなら

ロペスが枠から漏れ
こんな布陣も当然あるんだろう

 

チーム方針を承知の上で
減俸による契約にサインしたと

そんな事情もあるかも知れないし

オースティンの契約に
出場機会に関するオプションとか

盛り込まれているのかも知れない

 

それでも

東が今期絶望とか
エスコバーが出遅れるとか

いろんな事情で
日々、変化するのがチームという生き物

 

急成長を遂げた若者が
いきなり踊り出して来ることも

きっとあるんだろう

 

いや…

あってくれないと困るわけで

 

 

キャンプ終盤から
本格化するオープン戦

このチームがどう変化して

 

太い根を張り
花開くのか

これも野球の楽しみ方のひとつだと
この時期の楽しみ方だと

 

 

 

嗚呼…

確か10年くらい前は

 

この時期くらいしか
楽しいことなかったんだよな(笑)

 

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-キャンプ, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.