横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

どんな答えを見つけるのか、どんな答えが待ってるのか

投稿日:

 

 

 

 

5月12日(日) マツダ
広島 8対1 横浜 37試合13勝24敗

 

 

 

 

いろんな意味で
観ていられない試合だったわな

 

せっかくの日曜日
試合開始時間に合わせて

買物に行き
掃除を済ませ

愛犬の世話とか
おつまみの準備とか

 

それなのに…

 

 

観ていることが苦痛になるとか
いたたまれない気持ちになるとか

 

どうなっとんねん!

責任者出せや!
休みを返せや!

 

 

 

 

 

違いますか!
お客さん!

o(`ω´ )ノノ

 

 

 

 

 

そんな試合でも
現地で必死に応援されている方がいる

高い交通費を払って
遠征に行かれている方がいる

 

真っ赤に染まった敵地広島で
同志の方々に肩身の狭い思いをさせるとか

 

ホント、辛いよね…

 

 

必死に戦いながら
結果が出せず

我々、ファンも辛いけど
首脳陣や選手達はもっと辛いぞと

まあ、確かにそうなんだろうけどさ

 

これは寧ろ人災
圧倒的な自己責任

自ら悪い方へ悪い方へと
歩を進めてしまう

ヒーローをヒーローとして
試合を終わらせることが出来ない苦悩

 

好投したルーキー上茶谷や
初登板の阪口の勝ちを消してしまう

7点差を一気に逆転したりだの
不沈艦・菅野をKOしたりだの

そんな試合を落としたりだの
信じられないエラーだの

 

そら、こんなんなるわな
慰めの言葉も出尽くしたわな

 

 

 

自分は素人だし
技術的なことなんぞ分からない

非難を受けている
ラミレス監督の采配に関しても

あらゆる情報を元に
あらゆる準備を重ねて

最善の策を取ってくれているんだろう

 

納得出来ない采配だの
選手起用の裏には

我々には窺い知れない
深い理由があったんだろう

 

 

ただ、それでも
ひとつだけ分かることがある

同じ人間として
社会人として

胸がキリキリと締め上げられることがある

 

昨日の試合の戸柱のように
阪神戦における伊藤光のように

イニング途中の
あのタイミングで交代される

その心境
その悔しさ

 

選手達やスタンドのファン
テレビを見ている視聴者とか家族とか

負の視線を一身に浴びて
ベンチに戻っていく

 

この屈辱…

 

 

もし、これが
チームの調子の良い時期であったなら

こんな手法を用いて
選手達の気の緩みを引き締めるとか

若い京山のためを思って
スマンがお前が悪者になってくれとか

そんなことも考えられなくはない

 

今期、全く出番のなかった
戸柱の久々のスタメン

本人も燃えていただろう
必死だっただろう

それだけに、あまりにも不憫…

 

 

残念ながら

今のこの閉塞感を助長する
そんなワンシーンではなかったか

 

大好きなチームの試合を観て

ハッピーにもなれない
地団駄踏んで悔しがることも出来ない

淡々と負けを受け入れる
この無力感よ

 

それでも何かを期待して

球場に足を運び
楽しみに試合を待つ

 

 

どんな答えを見つけるのか
どんな答えが待ってるのか

 

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.