横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折した横浜DeNAベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

信じちゃいけない、計算しちゃいけない

更新日:

 

 

 

賢明なる湾クラ読者の皆様はご承知おきのこととは思うが、我らが主筆のモットーは「期待はするが信用しない」。この時期に誰が活躍しようとも、残念ながら手放しでポジリまくるような、お子ちゃまとは違うのだよ。

 

Result

3月7日(水) 甲子園
オープン戦

阪神 1対3 横浜

勝 進藤
敗 石崎
S 三嶋

 

Editrial

20XX年、ハマ☆ベイ中継ぎ陣は疲労という炎に包まれた。須田がダメ、タナケンがダメ、三上がダメ…

だが、投手陣は絶滅してはいなかった。

 

 

 

 

 

 

前日は9回裏の大ピンチに登板。売り出し中のスラッガー大山を三球三振に切って取り、この日もラミレス監督が課した連投テストをあっさりとクリア。

140km台の鋭いカットボールが左打者のインコースを抉り、ド迫力のストレートは軽く150kmを計測。これまでウイニングショットとしていたフォークボールは未だに封印、ここ1番の奥義として隠し持つという用意周到ぶり。

 

誰だ?
お前は誰なんだ?

 

ゴラァ!

名のらんかいっ!

 

 

 

国吉ぃっ!!!

 

 

 

え?

信用しない?
モットー?

 

バーロー!!!

 

これは確信なんよ!
鉄板なんよ!

レインボーオーラなんよ!

 

 

 

 

違いますか!
お客さん!

o(`ω´ )ノノ

 

 

 

 

久々に興奮してきたど!
血が滾ってきたど!

井納を中継ぎに回すとか、そんな噂も飛び交っているようだが、果たしてその必要はあるのか?

ボッシュートでいんじゃないか?

 

いるんだよ!
更に倍なんよ!

 

ギラギラとした若者達がしのぎを削るマイナーリーグという暗黒大陸で揉まれながら、磨き続けたその努力の成果。そしてメジャーという最高峰の舞台で披露せし、一子相伝の究極の奥義よ。

 

初期のジャッキー映画の如く、木の人形と戦い、飲み会の後フラフラの状態で500球の投げ込み。中腰で膝の上にお茶を置かれたりとか…

そんな修行の果てに完成された

 

究極の完成形

 

 

 

え?

北斗なのか
ジャッキーなのか

どっちかはっきりしろ!?

 

 

うぜーんだよっ

どっちでもいーんだよっ

 

 

 

もう、オラ

 

興奮してんだよっ!!!

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

 

 

 

 

 

にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.