横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

シンパシーを眠らせて

投稿日:

 

 

 

 

そうか
中止になったか

せっかくのお祭り
年に一度のスターナイト

 

何処ぞの超人気ダンスの二番煎じ
そんな印象がなくもないけど

演出は凄く良かった
選手達も楽しそうだったしね

 

 

それにしても牧くんは違うね
次のチームリーダーは間違いないと

この1年やそこらで
ここまで周囲に思わせてしまう

 

まさに神の子
大洋の太陽

 

あとは…

入江に知野も頑張ってたのかな
先日も雨の中、パフォーマンスやってたし

こういうことが出来るというのも
大事なことなんだよなあ

 

などと、
言ってはみたものの

自分の中では
ちょっとだけ違う

 

寧ろ、こんなことが出来ない
居心地悪そうに愛想笑いを浮かべながら

この場が終わってくれることを
切に願っているような

 

そんなタイプの人間に
堪らなくシンパシーを感じてしまうという

根っからの
陰キャ肌

 

こういう場で踊れたり
明るく盛り上げたり

そんなことが出来る人間と
出来ない人間

 

ポジションが被るとか
あまり能力に大差がない状況で

貧乏くじを引くのは
恐らくは後者なんだろう

 

開幕から何度となく
チャンスを貰ってきた知野くんと

なかなかチャンスもなく
燻っていた伊藤裕希也

 

ここにその差を当て嵌めてしまうのは
短絡的とは思いつつも

ゼロということはないんだろう
人間が決めることだからね

 

声を出すとか
暗いとか

ファイトが表に出るとか
出ないとか

 

スポーツ界だけでなく
人間社会において

それも立派な能力なれど
人間の本質はそこじゃない

 

以前から申し上げているように
倉本の一塁へのヘッドスライディングなど

まさしくそういった声への
彼なりの反抗

 

アマチュア時代
いや、少年野球の頃から

歴代の指導者達に
もっとファイトを前面に…などと

 

言われ続けて来たであろう
倉本少年が

この世界で生きていくために考えた
処世術なのかも知れない

 

 

可愛いのよ
愛おしいのよ

 

自分はそんな人間がそんな選手が
嫌いじゃないんだよなあ

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ
-

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© 湾岸クライシス , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.