横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

やれるのかー!オイッ!

投稿日:

 

 

 

 

27日に新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受け、この日2軍キャンプスタートに変更が決まった牧秀悟内野手、大和内野手、京山投手について「隔離期間で運動量も落ちている。確認作業も必要ですので、しっかり慌てず、シーズンに間に合わせてもらえたら」と語った。

代わって、入江投手、倉本内野手が1軍スタートに。昨年のドラ1右腕・入江について「状態はいいと聞いているし、DOCKで練習も確認している。(先発か中継ぎか)キャンプ、オープン戦を見て決めたい。どちらも考えはあります」と期待した。

※サンスポより

 

 

 

いよいよ本日より
12球団一斉にキャンプイン

前回の更新で触れた通り
牧や京山に代わって

 

一軍スタートという
チャンスを掴んだのは

2年目の入江と
ベテランの域に達した倉本

 

共に昨年は怪我に泣かされ
勝負の年となるシーズンにおいて

これはある意味
幸運とも言えるライバルの離脱

 

 

0勝4敗と戦力になれず
肘の張りだのクリーニング手術だの

ドラフト2位の牧が
大活躍する姿を横目で見ながら

悔しい思いをしたであろう
一年目のシーズン

 

それでも先発を任された
試合で投じたストレートは

打者のバットをへし折らんばかり
威力十分、迫力十分

 

中盤で捕まることが多く
勝星には恵まれなかったものの

三浦監督が仄めかしている
中継ぎ起用であれば

 

あのストレートを生かして
ヤクさんとこの清水のような

そんなセットアッパーが誕生する
夢も広がるのではないか

 

 

同じく倉本も
シーズン序盤のこれからという時期に

トレードマークとも言える
一塁へのヘッドスライディングで

左手薬指の第二関節脱臼
及び中節骨剥離骨折

 

漢字ばかりが並び
何が何だかよく分からないが

こちらも故障により
あっという間に姿を消し

その後は持ち味を発揮することなく
不本意なままにシーズン終了

 

ベテランが絶対にやってはいけない
怪我で森くんの台頭を許すという

そんな結果を招いてしまった
悔やまれるシーズンだったんだろう

 

 

仮に今回のタナボタ的な
一軍昇格がなかったとしても

自分はこの2人に期待をしていたし
ずっと注目を寄せていた

 

数字的にも感覚的にも
抑えを含めたリリーフ陣と

ショート、キャッチャーは
誰が見てもハマ⭐︎ベイのアキレス腱

 

このポジションの数値を
平均点に引き上げることが出来れば

他のポジションは
12球団どこにも引けを取らない

破壊力抜群の優秀なレギュラー陣が
鎮座しているのである

 

 

まあ…

足がないとか
故障がなければとか

 

そんなことは
取り敢えず置いておくとして

 

 

 

いずれにしても
2人にとっては大ちゃんス

 

絶対にしがみつかなきゃいけない
離しちゃいけない

決して多くない
一軍の席

 

どんな表情で
キャンプ初日を迎えたのか

楽しみにしとるよ
期待しとるよ

 

 

 

えーと

 

今日は…

キャンプの中継あるの?

 

 

 

在宅勤務にしちゃおうかなあ

 

 

(オイッ!)

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© 湾岸クライシス , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.