横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

なーんか、臭うぞ

投稿日:

 

 

 

 

 

 

9月13日(日) 横浜スタジアム
横浜 2対3 中日

 

 

 

 

なんだろね
どーしたんだろね

つまらないっつーか
物足りないっつーか

 

死の13連戦の開始早々
首位ジーヤンツ相手にパットン先発とか

そんな奇策が
無残な失敗を遂げて以来

 

やけにラミレス采配が大人しく
柄にもなくオーソドックスになったと

そんな疑念を感じているのは
この、うら若き乙女

唯一人だけなんやろかね?

 

 

 

スターナイトにおける
タイガースとの初戦においても

序盤で大量失点を喰らった
坂本を5回まで引き摺り

 

一昨日のドリャゴンズ戦においても
4点リードの場面から

濱口が4回に四球やらエラーやらで
3点を返されたところで

 

今までであればあっさりと交代

いつものように次から次へと
リリーフ陣を繰り出してもおかしくない

そんな展開であったにも関わらず
しっかりと5回を全うさせた

 

 

継投だけでなく
バントをさせる機会が増えたりとか

どこかラミレスらしくない
至って普通の采配に

 

秋めいた風などを感じてしまう
今日、この頃なのである

 

 

 

何か…

 

 

フロントから言われたか(笑)?

 

 

 

広島遠征から帰って来た後
束の間の休みとなった月曜あたり…

その翌日のスターナイトから
何となく変わってきたんだよな

 

残り試合は50試合を切っている
自力優勝はなくなった

今から優勝を諦める気は
さらさら無いのは言うまでもないが

 

ラミレス監督が
フロントサイドから

何らかの指示…

 

いや、今後の戦い方における
注文を出された可能性も

ゼロではないのではないかと…

疑いのひとつも持ちたくなるんだよな

 

 

ペナントの序盤から中盤にかけては
先発陣になるべく責任回数を任せ

使える投手を見極めつつ
リリーフ陣の負担を出来るだけ抑え

終盤は多少の無理は覚悟の上で
フル回転で頂点を目指す

 

あの歓喜の98年
権藤さんの投手起用ではないが

ド素人の考えるところは
このイメージ

 

しかしながら、
それとは全く逆の投手起用となっている

ラミレス采配の
その裏にあるものとは…

 

 

 

まあ、ええわ

今年については任せたんだから
好きにやってくれたらいい

 

ラミレスらしい采配で
まだまだ楽しませてくれたらいい

 

 

僕たちはまたまだ
あーだこーだと批判しつつ

手のひらを返しつつ
最後まで楽しむ所存じゃけんね!

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.