横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

我、一夜にして確固たる結論を手に入れる

投稿日:

 

 

 

 

 

9月1日(日) マツダ
広島 2対3 横浜 65勝57敗3分

 

 

 

 

凄いなぁ
よく勝ったなぁ

 

序盤に2点を先制され
試合は明らかなカープペース

ライナーでゲッツーとか
打球が投手を直撃したりとか

アンラッキーが重なった上に
打線は僅か4安打

 

それでも…

勝てるんだよな
勝っちゃうんだよな

 

 

我らがハマ☆ベイの成績を見てみれば

チーム打率は.248でリーグ5位
出塁率は.313で堂々最下位

勿論、盗塁数も
たったの37個とダントツの最下位

 

いやいや、
強力打線と見せかけて

実はウチは投手力のチームだからと
防御率をチラリと覗くと

3.78で第4位だとか…

 

頭の中でリフレインする
お約束の、あのメロディー

 

 

なんでだろ〜
なんでだろ〜

なんでだ
なんでだろ〜♫

 

 

 

まあ、多くのファンの方は
ラミレス監督の手腕なんだろうと

きっとそう
思われているのだろう

 

確かに故障者が続出したあたりからの
神がかったような采配の数々

筒香の2番起用から
サードまで守らせてしまうとか

石田を抜群のタイミングで
中継ぎから先発、そして中継ぎと

 

その、どれもこれもが
大当たり

 

8番投手にせよ
申告敬遠の連発にせよ

如何にもラミレス

 

データあり
オカルトあり

それなりの結果を出してしまう
不自然なまでの現実

 

 

結果的に
2位の座にどっかりと居座り

首位ジーヤンツを猛追するとか

 

ハッキリ言って
このチーム成績を考えれば

これ以上ないという
結果に繋げてくれている

 

とんでもない名将だと断言しても
今であれば異論はあるまい

 

 

それでも

昨年の今頃、
ラミレス采配は叩かれまくり

非難殺到
馬事雑言

辞めろ辞めろの大合唱

 

普段は人権派として慣らし
仏の主筆の異名を持つ自分すら

シーズン終わってからにしろと
ブチ切れた記憶がある(笑)

 

 

ただ、よく考えてみれば
やってることは昨年と変わらないし

メンバーだって
上茶谷と中井が増えたくらい

 

宮崎に伊藤光
パットン、三上に東だの

故障者を考えれば
明らかに戦力は落ちているはず…

 

 

自分は考えるのである

 

一本のヒットが
一発のホームランが

試合の決した場面で出るか
ここぞというところで飛び出すか

 

数値では測れない
セイバーでは語れない

神様の気まぐれ
時空の歪み

 

…の、ように見えて

 

実はデータだの
経験値に裏付けされた

チームの力であり
選手達の地力が備わってきたのだと

自分はそう解釈しているのである

 

 

 

さあ、

3位カープとは
残り1試合で3.5ゲーム差

怖い怖い4位タイガースとは
残り4試合で5.5ゲーム差

もう、下を気にする必要はないだろう

 

残り試合は18

首位ジーヤンツとのゲーム差は
4にまで縮まった

それでいて、
直接対決は6試合残っている

 

後はただ上を見て
一喜一憂すればいい

その権利を、
この時期に手に入れたんですよ!

 

選手達の頑張りと
皆さんの熱いサポートで

苦節21年、
あの暗黒を乗り越えて

 

我々は手に入れたんですよ!
掴み取ったんですよ!

 

 

もう、ええわ!

CSだとか
先々のことは

首脳陣が考えてくれるやろ!

シレッとどこかで
ラミレスがギアチェンジするやろ!

 

 

勝つんだよ!
勝たせるんだよ!

 

 

 

 

 

 

優勝するんだよっ!!

 

 

 

 

今、楽しまんでどうする
今、叫ばんでどうする

 

 

 

 

どーですか!
お客さん!

o(`ω´ )ノノ

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.