横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

ノーノーそれじゃ届かない

投稿日:

 

 

 

 

5月3日(金) 甲子園
阪神 2x対1 横浜 30試合12勝18敗

 

 

 

 

初登板初先発の阪口は良かった
素晴らしかった

立ち上がりから150kmを計測した
威力抜群のストレートに

140km後半のカットボールが
左打者の懐をえぐる

 

心配していたコントロールも
実にまとまっていたし

ランナーを出しても慌てることなく
アウトを積み重ねることができた

 

フォークが決め球と
そんなイメージがあったが

抜けてしまったカーブ同様に
良くないと判断したのか

最後までストレートとカットで
押し切ってしまった

この辺りは伊藤光の好リード
阪口の良さを十分に引き出してくれた

 

 

高校を出て
まだ、プロ2年目

ヨダレの出るようなスケールと
圧倒的な破壊力

実に良いものを見せてくれた
震えるような投球だった

 

そんな若者が
苦手タイガースを5回まで零封

それでも勝てない
勝ちをつけてあげられないのが

何とももどかしい
今のチーム状態

 

相手の西も抜群だったことは確か

あらゆる球種の精度にキレ
低めにボールを集めるコントロール

良くぞ1点取ることが出来た
そんな素晴らしい内容だったと思う

 

 

そんな西の投球に加えて
阪神への苦手意識が焦りを生んだのか

予定通り (?)
阪口を5回で交代させたのは兎も角

国吉が上本に同点弾を浴びた
その後のベンチワーク

 

三塁コーチャーのミスも含め
焦りをありありと感じてしまう

何ともストレスの溜まる
試合となってしまった

 

ウチの外野手はソトに筒香
最大で2人守備固めが必要となるはずが

楠本をファームに落とし
早々に乙坂と梶谷を使い切り

終盤における外野手は
代打の切り札である佐野慶太のみ

 

あの9回のホーム憤死の場面も
ソトに代える代走すらいなかった

上田コーチの判断ミスだけでなく
ベンチにも問題があったということ

 

 

苦手な相手だと
どうしても流れがこうなってしまう

焦りがミスを呼び
ミスが敗戦を呼ぶ

我々ファンにとっては
ストレスの溜まる "負の連鎖"

 

上茶谷といい
阪口といい

健気に好投する若者に
勝ちを付けてあげられないもどかしさ

 

ここぞという場面で
あと1本が出ず

まさかここでという肝心なところで
繰り返されるミスだのエラーだの

試合巧者と言う言葉があるなら
徹底した試合下手

球際に強いと言う言葉があれば
弱いっつーか、寧ろ球際を避ける感じ

 

このストレス
このイライラ

 

 

酒量が増え
体重が増え

 

 

そして
思うんだ

自分は思うんだわ

 

 

 

 

嗚呼…

 

 

 

生きているんだ

 

今年もまた野球を楽しんでいるんだ
ハマ☆ベイを応援しているんだ

 

…と。

 

 

 

ガックリと肩を落とし
安い酒をかっくらって布団を被る

気だるい目覚めから

徐々に
そして沸々と

湧き上がってくる闘志

 

溢れるガッツよ
燃えすぎる闘魂よ

 

 

なんてことねーよ

たかが1敗

 

今日、勝てばいい
明日、勝てばいい

 

 

阪神さんがどうだとか
メッセンジャーがどうだとか

 

関係ねーよ!

 

気持ちなんだよ!
パッションなんだよ!

 

 

敵地で必死に応援されてる方々に
肩身の狭い思いをさせんじゃねーぞ!

 

 

こん、ばかちんどもが!

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.