横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

サクセスストーリーは突然に

投稿日:

 

 

 

 

 

ドラフト1位の上茶谷
同じく3位の大貫が好投を見せる

 

その一方で…

伊藤ゆが怠慢な走塁を見せて
即時、懲罰交代とか

ルーキー達も悲喜こもごも

 

この時期は
勉強勉強の精神で

是非とも頑張って頂きたい

 

 

消えたベースカバーに
バント処理でボールを見てなかったり

 

先輩達だって
言い尽くせないほどのこと

やらかして来ているのも事実

 

大事なことは

謙虚に冷静な立ち位置から
自分を見つめることの出来る姿勢

 

そして、

いざ、ライバルがミスをしたのなら
小躍りしてグランドに飛び出す

ポジティブなメンタル

 

ドラフト下位指名の知野を含め

今、貰っているチャンスを
来年も同じように貰える保証はない

 

また、来年も
ピッカピカのルーキーが入団し

ファン、マスコミをあげて
持て囃されることになるのだろう

 

モノにするべきだわ
モノにしなきゃアカンぞ

 

 

あの、楽天戦における
山下幸輝の涙のサヨナラタイムリー

そして掴み取った
スタメン出場の大チャンス

ここだよ
ここなんだよ

 

昨年までのような薄っぺらな
内野の選手層であれば

普通に守れて
2割6〜7分くらい打てたなら

レギュラーを獲れる可能性も高かった

 

なぜ、モノに出来なかったのか
なぜ、チャンスを生かせなかったのか

ないぞ
ないんだよ

そうそうチャンスなんて
転がってないんだよ

 

 

 

オールドファンにとって

このチャンスを生かした
最たる事例を挙げるのであれば

元ジーヤンツの駒田だろう

 

中畑清の故障もあって
スタメンチャンスを掴んだ

駒田のプロ初打席

今は亡き後楽園球場における
開幕2戦目だっただろうか

 

我らが横浜大洋
期待の右腕・右田から

あっと驚く満塁弾

 

セ・リーグのお荷物にして
老いぼれた咬ませ犬

誰よりもガックリと肩を落としたのは
右田でもなく関根潤三監督でもなく

我々、横浜大洋ファンだったんだろう

 

そして、彼が素晴らしいかったのは
この一打席に留まらず

そのままコンスタントに
成績を残し続け

あの当時のぶ厚い層を誇る
ジーヤンツの中でレギュラーの座を奪い

満塁男として
球界を代表する選手となり

後に我がベイスターズの
38年振りの優勝…

 

まあ、そこは良いとして…

 

 

 

とにかく

なぜ、
あそこで山下は

レギュラーの座を掴めなかったのか?

 

一昨年には同じように
いや、もっと近い位置まで

柴田がレギュラーに迫っていた

 

チャンスは生かさなアカンのよ

モノに出来なければ
ウィークポイントとして

素晴らしい能力を持った
ルーキーや外国人が入って来る

 

来年も再来年も

この世界がある限り
同じことが繰り返される

厳しい世界

 

ミスがなんだ?
1回や2回の失敗がなんだ?

 

あの一件から

宮崎あたりは
どれだけの努力を重ねて

ゴールデングラブを受賞出来るまでに
泥にまみれて頑張ってきたのか

 

桑原だって
倉本だって

輝かしいサクセスストーリーの
道半ばにあるのだと

僕らは信じて疑わない

 

 

ジャッキー・チェンの映画であれば

お馴染みの
あの師匠の特訓を受けている

そんなところなんだろう

 

 

え?
知らない?

 

 

まあ…

 

若い子は知らんわな(笑)

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.