横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

ベイスターズ

柴田がレギュラーを取るようじゃ…

更新日:

 

 

 

 

柴田がレギュラー取るようじゃ
来年も優勝は難しいわな

 

 

…ふむ、

言葉足らずで申し訳ない

 

柴田が "セカンドの" レギュラーじゃ
来年も優勝は難しいと

自分はそう思っているのである

 

セカンドじゃない
ショートでレギュラーを取るべきだと

 

 

機は熟した
時は来た

来年こそは "その時" なのである

 

大和、柴田にキャッチャー
そしてピッチャーと

攻撃力、長打力の劣るメンバーが
スタメンに4人名を連ねるのは

ハマスタを始め
狭い球場においては何とも悪手

 

セカンドにはソトか
伊藤ゆになるか

多少、守備に目を瞑ってでも
打てる選手を起用したい

 

そうなると結果的に
後半の守備固めが必要になるし

勝負どころで
大和のところで代打起用

そんなことがあれば
代わりにショートを守る選手が必要

 

つまるところ
チーム事情を考えても

柴田がレギュラーの座を掴むなら
大和を押し退けるしかない

それが結論なのである

 

 

今期の柴田は前半戦で
なかなかヒットが出ずに苦しむも

後半戦で何かを掴んだか
ヒットを量産し

最終的にOPSは大台の.705

乙坂の.671をも凌ぐ
見事な数字を叩き出している

 

その一方で
大和のOPSは.585

勝負強い打撃に定評があるとは言え
攻撃で貢献できるのは

間違いなく柴田の方なんだろう

 

柴田の打撃成績を見ると
入団以来、この4年間において

OPSは.552→.579→.610→.705と
年々、数字を上げ

長打率も
.256→.284→.286→.372

本来の持ち味となる出塁率は
.295→.295→.324→.333

 

プロの投手に年々対応できるようになり
毎年しっかりと成長を遂げている

前出の乙坂を
長打率でも上回っている

 

我らが主筆が
柴田に4打席立たせたいと

そう切望する根拠が
まさに、ここにあるのである

 

 

最終的に指揮官であるラミレスが
柴田をレギュラーに抜擢するか否か

結局、ポイントになるのは
守備なんだろう

 

果たして名手・大和の守備は
どれだけハードルの高い壁なのか?

 

マニアの方々が守備指標として
持ち出す機会の多い

UZRの数値を見てみると
ショートのナンバーワンは

文句なくブッチギリ
ライオンズの源田で+22.4

大和は京田、中島に続いて
第4位の+4.5

 

守備範囲を評価するRngRでは

-0.2ということで
田中広輔、茂木にも抜かれ6位となる

この数値だけを見るなら
手の届かない数字ではないとも思える

 

因みにロペスのUZRは+0.3

村上の+4.2、ビシエドの+3.8より
かなり劣る結果となっている

 

だとしても、
大和もロペスも紛うことなき名手であり

大和で取れないなら仕方ない
たまにはロペスだってエラーするやろと

 

そう、これこそが信頼であり
揺らぐことのない安心感

 

守備範囲がどうのというより
難しいショートバウンドの送球を

難なく捌いてくれるだけで
どれだけ僕らは胸を撫で下ろしたことか

 

柴田は数値でなく
あくまでもこの安心感だの信頼だの

目に見えないものを相手に
大和と戦わなければならないのである

これこそが強大な敵
可視化不可能なモンスター

 

柴田なら仕方ないとなるか
またやらかしやがったと野次られるか…

 

 

スター候補生とも言える
期待のルーキー森くんが入団した

機は熟したと言いつつも
残された時間は決して長くない

 

厳しい現実がそこにあるのである

 

 

 

 

 

因みにこのUZR…

アルティメット・ゾーン・レーティング
その頭文字を取ったものらしいが

 

アルティメット・ウォリアーみたいで
なんかカッチョイイやんけと

それだけで記憶している
近代的な守備指標

 

詳しい評価基準は全く分からんが(笑)

 

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.