横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折した横浜DeNAベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

気持ち良い勝ちの翌日に不満を垂れ流す空気の読めない美女は私です

投稿日:

 

 

 

 

Result

8月12日(日) 横浜スタジアム
横浜 12対5 阪神

勝 今永 3勝6敗
敗 馬場 0勝1敗

本 多数

100試合 44勝54敗2分 5位
 

 

Editorial

 

すまんのお

快勝した翌日に
くどくどと不満を垂れ流すとか

堪忍してぇや
勘弁しえぇや

しょーもない話やさかい
適当なとこで、次に行ってええで

 

 

 

 

その昔、

V9時代の川上ジャイアンツには
鉄の掟が存在していたと言う

"投手に打たれたら罰金"
"ツーストライクから打たれたら罰金"

 

また、ライオンズの黄金期
広岡監督時代には撤退した食事管理と

投手は一塁へのベースカバー
打者はひたすら進塁打

来る日も来る日も
同じ練習をやらされ続けたと言う

 

信じるか信じないかは
あなた次第であるが

まあ、きっと
これに近いことはあったんだろう

 

 

2死3塁の場面で
次が投手にも関わらず
8番打者に0-2からホームランとか

4点差ありながら
3-0から打ちにいくとか

先頭打者が粘って四球を選び
次打者があっさりゲッツーだとか

 

その点、ウチは…

自由でエエのぉ〜(笑)

 

 

どうしても線にならない打線
同じことを繰り返す投手陣

最近、
思い始めたんだが

今のウチに足りないもの…

 

それは

"教育"なんじゃないのかと

 

"教育"という表現が宜しくないなら
チームとしてのルール

守るべき規範とでも言うべきか

 

ノースリーから打っていいのは
ロペス、筒香、宮崎だけですからね

でも点差のある場面では
1球はウエイトですよ

グリーンライトはあなたとあなた
でも、こういう場面では走らないでね

 

プロだろ?
アホか?

 

じゃかぁしぃんじゃ!
徹底できとんのか!

そもそも、そんなルール自体が
存在すらしとらんやろ!

 

今のハマ☆ベイを見るに
唯一の規範が

"積極的に""ポジティブに"

 

積極的にやったことなら
一軍半の選手がノースリーから打とうが

3点負けてて
盗塁失敗しようが

罰金もなし
正座もさせられない

積極無罪
ナイス・トライ

 

良いのか?
それでエエのんか?

 

よく考えてみれば
ウチには怖いコーチがいない

元カープの大下とか
ヤクルトの宮本とか

ウチのOBで言えば石井タクローとか

怒鳴りつけられたり
場合によっては鉄拳制裁とか
※イメージですw

そんな怖いコーチもおらへんやろ

 

ベースカバーに遅れようが
ヒットをファンブルでツーベースにしても

怒られんやろ
怒鳴られんやろ

 

そんな緊張感も
若いチームには必要なんじゃないですか!

 

 

 

自分が最近になって
180度、認識が変わったこと

それは初代ベイスターズ監督
近藤昭仁氏に対しての評価

 

ローズ、ブラッグスに
盛田、佐々木のダブルストッパー

更にはFAで駒田を獲得しながら
最下位に低迷した無能監督

度重なるスクイズの失敗がネタにされ
その後に就任したロッテでも
あの伝説の18連敗…

 

そんなトホホなイメージの
近藤さんではあったが

このところのベイスターズブームで
出版された各種書籍

そこに掲載された
98年戦士のインタビューなどを読むと

この近藤監督時代に
鍛えられたんだという

そんな回想録
感謝すら匂わす数々の発言

 

若くて鼻っ柱が強く
プライドも高い石井だの谷繁だの

徹底して鍛え上げ
プロとしての意識を植え付けた

近藤監督時代の3年間

 

黄金期の広岡ライオンズでコーチを務め
ジーヤンツではヘッドコーチ

そら、鍛えられるやろ
妥協を許さんやろ

 

そして、

この3年間があってこその
1998年のセカンドインパクト

権藤さんも選手達を
大人扱いすることが出来たのだと…

 

 

 

 

鍛えるんだよ
教育するんだよ

 

もっと怖がられろよ
もっと憎まれろよ

 

 

それも大事な首脳陣の仕事やろ!

将来有望な若い選手達のためだろが!

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.