横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折した横浜DeNAベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

湾クラが総括する我らがハマ☆ベイの2018年の形 〜投手編

更新日:

 

 

 

どないやっちゅうねん!

 

怒るでしかし〜!

 

 

まあ、投手に関してはあまり過度な希望的観測を持つことは良くないし、我が湾クラのポリシーに反するところ。

野手に対する分析と同じように、厳しくシビアに客視点の元、今期の投手陣をチェックしてみたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年の投手陣においてはルーキーの濱口が二桁勝利。新人王は取り逃がしたものの、文句の付けようのない活躍をしてくれた。もし、昨年のMVPを挙げろと言われれば、迷うことなく濱口であった声を大にして主張したい。

得意のチェンジアップ意外の変化球に磨きをかけようと、今キャンプも目的意識を持って臨んでいるようで、昨年並みの活躍は期待してもいいだろう。

 

今永は早くもエースとして、自信と自覚を掴み取り、今期は最多勝すら争えるだろう。ハマ☆ベイファンのみならず、これは大多数のプロ野球ファンが抱く共通認識ではあるまいか。

その他にも井納がいて、ウィーランドがいて石田がいる。計算できる先発投手が5枚揃っているというだけでも、いったいどこのチームだよと、ツッコミのひとつも入れたくなるのは自分だけではあるまい。

ここに大学ナンバーワン左腕・東が加わった他、熊原や飯塚など、ノビシロのある若手が先発の残り1枠を争うこととなる。理想的な形だろう。

 

リリーフに目を移せば、クローザーのヤスアキは万全。心配されたリリーフ陣も三上あたりは昨年のようなことはないだろう。国吉の覚醒は嬉しい誤算だし、バリオスも結果的にはリリーフとして落ち着くだろうと読んでいる。ソト、エスコバーと上手に枠を使ってくれるだろう。

 

 

 

嗚呼…

 

 

どないやっちゅうねんっ

隙がなさすぎるっちゅうねんっ

 

 

怒るで、しかし〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単に勝星を予想してみると…

 

今永 15勝
ウィーランド 12勝
濱口 12勝
井納 10勝
石田 10勝
東 8勝
熊原 6勝
飯塚 4勝
リリーフ陣で10勝

これで合計…なんと87勝

 

 

おっと、忘れていた

これにプラスして

 

 

国吉が3勝で合計90勝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メガネメガネ…

 

 

 

まあ、そういうことで、皆さんご存知のように、我が湾岸クライシスは慎重論で通っている。頑固で堅物な主筆として、津田沼界隈の繁華街でも呼び込みのお兄さん達から一目置かれる存在であることは想像に難くないだろう。

 

それなのに…

慎重に見積もって90勝

 

今年もあの合言葉が必要になってしまうのか。禁断のオイディプスにして、触れてはいけないパンドラの箱。

 

言わねばなるまい

警告せねばなるまい

 

 

 

 

 

セ・リーグの灯を消すなと

 

 

 

 

 

 

 

怒るで、しかし〜

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.