横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折した横浜DeNAベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

ベイスターズ 現地観戦

清宮よりも気になるアイツ

投稿日:

 

 

 

いや、まあ…
楽しかったですよ。

うん

お客さんも満員だったし
そんなに寒くなかったし

 

え?
試合ですか?

 

アハハ…ハハハハハ

 

 

 

Todays Line Up

Result

3月10日(土) 鎌ヶ谷スタジアム
オープン戦

日本ハム 10x対7 横浜

勝 田中 1勝0敗
敗 国吉 1勝1敗2S

本 戸柱1号、横尾2号、レアード2号、近藤1号、松本1号

 

 

Impression

3連投の国吉…散る

 

 

 

本日も同点で迎えた9回の大事な場面にクローザー的な役割を担って登板した国吉。先頭打者をいきなり四球で歩かすと、送りバントに敬遠で、一死一、二塁のピンチを迎え…

売り出し中の松本に豪快なサヨナラスリーランを浴び、項垂れてベンチへ。

まあ、シーズンを睨んだテストなんだとは思うが、火曜と水曜のタイガース戦に連投して、更にこの土曜にも厳しい場面で登板司令。

それだけ期待されていると理解しよう!

 

 

Editrial

この日の鎌ヶ谷スタジアムは内野席から外野の芝生席まで、今まで見たこともないような大入り満員。更には外野の後ろに張られたネット後方も、多くの立見客で埋まり、まさに公式戦さながらの雰囲気。

多くのお客さんが注目したのは、なんと言ってもゴールデンルーキー清宮であろう。

 

 

 

 

目の前で見た清宮は、胸板の厚い中田翔と並んでも遜色のないヘビー級のボディ。守備はそつなくこなしていたし、キャッチボールを見る限りでは、スローイングに不安も感じなかった。

高卒ルーキーとは思えないような落ち着きっぷりで、しっかりと声も出していたのは好印象。

しかしながら、フル出場しながらヒットは出ず。ハマ☆ベイ投手陣も、清宮に初ヒットを献上してなるものかと、実に気迫のこもった投球を披露してくれた。

 

清宮…にはね

 

先発の石田は5回途中まで、レアードのスリーランなどで7失点。ラミレス監督は「信頼は揺らがない…」というような談話を残したようだが、いつものことながら、本音かどうかは疑わしい(笑)

まあ、三振も多く奪っていたので、ボールそのものは悪くないという評価もあるだろう。

 

個人的には前回のオリックス戦同様に、走りまくられたバッテリーに非常に危機感を感じたのだが、テレビで観戦された皆様は如何だっただろうか?

オープン戦なのであまり執拗には牽制をしないとか、もしかしたらそんな理由もあるのかも知れないが。

そうだとしても、あまり気分の良いものではないわな。

 

よく考えてみたら、この日は今期初の生観戦。地元の知り合いの方のご好意で、内野の最前列のチケットを確保頂くというプレミアム。

間近で観戦した印象は、決して悪いことばかりではなかったぞ。

 

思わず目を見張ったのは、FAで加入した大和の美しさすら感じるフィールディング。何が良いって、とにかくリズムが良いのだよ。

吸い込まれるように打球がグラブに収ったかと思うと、そこから無駄な動きひとつなく、流れるように一塁へとスローイング。

このテンポ、リズム感はまるで往年の名手・山下大輔を彷彿させる軽やかさ。

 

良いものを見せてもらった。

まさに金の取れる守備。

 

ハマスタではこんな席で観戦出来る機会なんて…多分、ないだろうからな

 

 

ブワッハッハッハッ

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村







-ベイスターズ, 現地観戦

Copyright© 湾岸クライシス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.