横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折した横浜DeNAベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

コラム ベイスターズ

梶谷は元気にしているか?

投稿日:

 

 

 

本日の湾クラは
梶谷について書いてみたい

 

叱咤とか激励とか
そんな類の話ではないぞ

 

 

日常的に目にする選手達の記事やインタビュー、そしてFOR REALで伝わって来るチームの雰囲気は、キヨシ監督が就任した当初に比べると隔世の感がある。

「挨拶すらマトモにできなかった」という表現で語られる当時の映像。「お客さんはもっと寒いんだぜ!」という有名なキヨシ監督の激。まだまだ空席の目立つスタンドは、その後の選手達の成長とともに、多くのファンで埋め尽くされていくのである。

 

実に幸せな日々だった。

昔からのハマ☆ベイファンの誰もがそう思っていることだろう。

 

溢れんばかりのファンが集うボールパークで、思い入れたっぷりの生え抜きの若者達が躍動する。人気が出ないはずがない。惹きつけないはずがない。

そんな自慢のチーム、自慢の選手、そして自慢のファンの皆さんなのである。

 

 

そんな中で、梶谷。

なのである

 

高い意識のもと心身ともに成長し、間違いなく筒香の後、チームリーダーという重責を担うであろう3年目の今永。そんな出木杉くんに反比例するかのように、今のチームの成長曲線に乗ることの出来ないもどかしさ。

それは勿論、我々ファン以上に本人が感じていることだろう。

FOR REALにおいても大事なCS決戦の前の声出しの指名を受け「僕なんかでいんですか?」という、なんとも寂しい一言も発していたように記憶している。

 

技術的なことは分からないし、故障の状態も知る由もない。

ただ、事実として伝わって来るのは、ドラフトで神里や楠本な即戦力の外野手を獲得。ラミレス監督も、高卒2年目の細川を相手投手の左右で梶谷と併用するというような、具体的なプランまで口外。

フロントも首脳陣も、今の梶谷に不安を感じているのは事実であろう。いや、不安ではなく、それは不満であるのかも知れないのだが。

今の状況は、梶谷の奮起を促すための意図的な措置とも取れなくはない。嘗て、秋季キャンプのメンバーから外された筒香と同じような目に見える形での「喝」。

 

なんとなくは分かる。

 

それでも思うのである。自分のような津田沼でも有数の意識低い系女子からすると、寧ろ逆効果なのではないかと。ますます自分の居場所が狭まっていくという恐怖概念を、感じてしまっているのではなかろうかと。

キャプテン筒香を中心に、高い意識を持って必死に戦う選手達。その大部分は既に梶谷よりも年下になっている。

今、何を思い嘉手納で日々、汗を流しているのだろうか。

 

 

 

自分は梶谷が好きだし
白崎も国吉も好き

 

もどかしさとは人間臭さ

 

自分が応援せんで誰がする
自分が味方せんで誰がする

 

 

そう、

誰が何と言おうが

 

大洋ファンのシンパシーは日を追って
高まりつつあるのだよ

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村







-コラム, ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.