横浜大洋復興を誓う秘密結社へようこそ。屈折したベイスターズ愛渦巻く桃源郷へ誘いたし

湾岸クライシス

ベイスターズ

夏の終わりのハーモニイニイ

投稿日:

 

 

 

 

9月8日(火) 横浜スタジアム
横浜 7対7 阪神

 

 

 

 

今年のスターナイトは
流石にここは避けるだろっていう

苦手のハマスタ阪神戦

 

案の定7点を先行され
溜息しか聞こえてこないという

そんな展開から
引分に持ち込めたなら

 

そら、まあ
勝ちに等しい引分だよね

 

 

追い付いた野手陣も
追加点を許さなかったリリーフ陣も

ホント、よく頑張った

 

1日の休養日があったとは言え
連戦に次ぐ連戦で

疲労困憊であろう中
最高の仕事をしてくれたと思う

 

 

 

そんな試合において
ひときわ光を放っていたのが

相変わらずのラミレス監督にして
ラミレス監督たる所以

 

日本人の監督であれば
絶対にやらないであろう

キャッチャー嶺井の初回交代
坂本炎上のスケープゴート

 

なんだろね…

 

初回にいきなり満塁弾を浴びたのは
お前のリードが悪かったからと

そんな責任を押し付けられたような
社会人であれば耐え難い仕打ち

 

こういうのを
平気でやるんだよな…

 

是非ともコーチの方々は
しっかりとフォローしてあげて欲しい

あまりにも不憫
嶺井の気持…

 

 

ん?
あれ?

そう言えば…

 

何年か前のサプライズ

 

代打・ウィーランドという
衝撃の名場面で

代打を出されたのも
嶺井だったやね

 

 

うーん…

 

他の選手であれば
不貞腐れてもおかしくない

 

でも、嶺井なら

なんくるないさー
と、あっけらかんと受け流す

 

そんな性格を
重々承知の上での采配と言うなら

まあ、分からなくもないけど

 

こんな采配

嶺井じゃなきゃやらねーよと(笑)

 

 

 

 

 

毎年恒例となった
夏の終わりの風物詩

 

今年は演出もパワーアップして
もう1人くらいは

メジャーリーガー獲得できんだろ
っつーくらいの

予算を注ぎ込んだであろう
大スペクタクル

 

 

それでも少しだけ
切なさが漂って来るのは

横浜の風に
秋の気配を感じたからか

 

 

首位とのゲーム差を見てしまったからか

 

 

 

 

 

 

湾岸クライシス応援バナー
にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村







-ベイスターズ

Copyright© 湾岸クライシス , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.